2016年01月17日

1円人気☆エルメス☆ベアン 2つ折り財布 黒 G金具

1円人気☆エルメス☆ベアン 2つ折り財布 黒 G金具

1円人気☆エルメス☆ベアン 2つ折り財布 黒 G金具
掲載時の入札価格は、30,500円。
入札数は、41件です。

2016年01月17日 22時09分が終了予定ですが
即決などもあるかもしれません。

>> 1円人気☆エルメス☆ベアン 2つ折り財布 黒 G金具の最新情報はクリックしてご確認をお願いします。


1円人気☆エルメス☆ベアン 2つ折り財布 黒 G金具
商品説明 ※説明文を必ずお読みください!
落札後、連絡がないお客様、入金期限を過ぎても連絡がないお客様が増加しています。
お取引先の入力は落札後24時間以内・入金は落札後5日以内になっております。
新規・評価「悪い」が10%以上の方は入札を取り消すことがありますのでご了承ください。
(どうしてもご購入をお考えのお客さまは、質問欄からご連絡ください。)
*****************************************************
【ブランド】
エルメス
【定価】
429,300円

【入札数】41


>>詳しい情報はこちら(1円人気☆エルメス☆ベアン 2つ折り財布 黒 G金具)

エルメスについて

ウィキペディアより https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%82%B9

エルメスの概要

エルメス (Hermès) は、フランスのエルメス・アンテルナショナル社 (Hermès International, S.A.) が展開するファッションブランド、商標である。エルメス社は馬具工房として創業したが、自動車の発展による馬車の衰退を予見し、鞄や財布などの皮革製品に事業の軸足を移して成功した。現在でも馬具工房に由来するデュックとタイガーがロゴに描かれている。デュックは四輪馬車で、タイガーは従者のこと。主人が描かれていないのは「エルメスは最高の品質の馬車を用意しますが、それを御すのはお客様ご自身です」という意味が込められているためである。

エルメスの歴史

エルメス社の母体になったのは、ティエリー・エルメス(Thierry Hermès, 1801年 - 1878年)が1837年にパリに開いた馬具工房である。ナポレオン3世やロシア皇帝などを顧客として発展した。ティエリーの孫にあたる3代目のエミール=モーリス(モリス)・エルメス(Émile-Maurice Hermès, 1871年 - 1951年)は事業の多角化に着手した。1892年には、馬具製作の技術を基にエルメス最初のバッグ、サック・オータクロア(オタクロワ)(sac haut-à-courroie, 現在の名前はオータクロアまたはオタクロワ))を製作。1927年に腕時計を発表。さらに服飾品・装身具・香水などの分野にも手を広げ、それらの製品のデザイン、製造、販売をすべて手がける会社になった。1980年代から1990年代にかけエルメス社はシャツや帽子を発注していた会社を次々と買収したが、リシュモン系列(カルティエ・クロエなど)やLVMHグループ(ルイ・ヴィトン・フェンディなど)の買収戦略と異なり、職人技の維持を第一目標にしてのものであり、そのため買収対象は比較的小規模の会社にとどまっている。エルメスと資本関係のあるブランドには、食器のサンルイ、ピュイフォルカ、英国靴のジョン・ロブなどがある。エルメス社が1997年に初めて作った社史は漫画形式で、日本の漫画家竹宮惠子に依頼して制作された。日本では『エルメスの道 LE CHEMIN D'HERMÈS』として中央公論社より刊行されている。2004年マルタン・マルジェラの後継として、ジャン=ポール・ゴルチエがデザイナーに就任。2004年のパリ・コレクションではエルメスの伝統である馬具・皮革製品を意識し、伝統に配慮しつつ、オレンジ・黒を中心とした鋭角的でかつブランドの風格を意識したデザインを発表した。クリストフ・ルメールに代わり、2015-16秋冬コレクションより、ナデージュ・ヴァネ=シビュルスキーがアーティスティックディレクターを務めている。

日本におけるエルメス

1960年代初めより日本に於ける元祖セレクトショップである銀座のサン・モトヤマが輸入販売を行っていたが、日本初の直営店は、1978年に東京・丸の内に開店したブティックである。エルメスの日本法人であるエルメスジャポン株式会社は1983年にエルメス・インターナショナルと西武百貨店との合弁で設立されたが、後にエルメス・アンテルナショナルの完全子会社となった。現在では西武系に限らず、大手百貨店の主要店には比較的多く出店している。2001年6月28日には、日本での旗艦店「メゾンエルメス」(en:Maison Hermès) を東京・銀座の晴海通り沿いにオープンしている。外壁に450mm角のガラスブロック13,000枚を張りめぐらした11階建てのビルで、レンゾ・ピアノの設計による。ブティックのほか、製品の修理工房、ギャラリー、パリ以外では初となるエルメス社常設ミュージアム、そしてエルメスジャポンの本社が入居する。広告などのメディア関連事業はパブリシス・電通と契約して行っている。純広告のビジュアルには「Publicis EtNous」と記載されている。


posted by バッグはエルメスを選びたい管理人 at 10:33| 日記

2016年01月16日

本物■未使用品/エルメス/ショルダーバーキン/L刻/162万/rro118h

本物■未使用品/エルメス/ショルダーバーキン/L刻/162万/rro118h

本物■未使用品/エルメス/ショルダーバーキン/L刻/162万/rro118h
掲載時の入札価格は、303,000円。
入札数は、93件です。

2016年01月18日 22時52分が終了予定ですが
即決などもあるかもしれません。

>> 本物■未使用品/エルメス/ショルダーバーキン/L刻/162万/rro118hの最新情報はクリックしてご確認をお願いします。

■3■

ブランド名 エルメス 商品名 ショルダーバーキン/ショルダーバッグ 参考価格 162万円前後 カラー ブラック 主素材 トリヨンクレマンス 付属品 元箱、元袋、鍵×2、クロシェット、
カデナ 備考 ★刻印□L
サイズ 幅42p 奥行21p 高さ20p
(ショルダー)長さ48p ポケット 外側 - 内側 -   商品の状態 外側 RANK
10 未使用品のため、
非常にきれいな状態です。 内側 RANK
10 未使用品のため、
非常にきれいな状態です。 状態ランク表 10   新品または展示品・未使用品 9   新品同様品 8   極美品。目立たない程度の小傷・スレ・汚れはあるがかなり綺麗な状態 7   美品。若干のスレやキズ、汚れなどがあるが比較的綺麗な状態 6   キズ・汚れ・使用感のある普通の中古品 5   かなりの汚れやキズ、使用感のある中古品 4   使用には問題ない程度の若干の難のある中古品 3   場合によってはご使用に差支えるダメージのある中古品 2   ジャンク品 1   使用不可能な状態(基本的に取扱いなし)
※状態につきましては、お写真をよくご確認の上ご入札頂きます様お願い致します。 ※画像につきまして、できる限り現物に忠実な再現を心がけておりますが、パソコン環境や光の加減によって若干の色合い等が異なる場合がございます。 ※ランクにつきましては弊社独自の基準となりますので目安としてお考え頂きます様お願い致します。 ※取り扱い商品のほとんどが中古品の為、全ての状態のお伝えが難しい場合がございます。
細かな状態の違いによる返品はお受け致しかねますので、神経質な方の入札はお控え頂きます様お願い致します。 ※全ての商品を検品しておりますが、商品到着後不具合等ございましたら直接ご連絡頂きます様お願い致します。

【入札数】93


>>詳しい情報はこちら(本物■未使用品/エルメス/ショルダーバーキン/L刻/162万/rro118h)

エルメスについて

ウィキペディアより https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%82%B9

エルメスの概要

エルメス (Hermès) は、フランスのエルメス・アンテルナショナル社 (Hermès International, S.A.) が展開するファッションブランド、商標である。エルメス社は馬具工房として創業したが、自動車の発展による馬車の衰退を予見し、鞄や財布などの皮革製品に事業の軸足を移して成功した。現在でも馬具工房に由来するデュックとタイガーがロゴに描かれている。デュックは四輪馬車で、タイガーは従者のこと。主人が描かれていないのは「エルメスは最高の品質の馬車を用意しますが、それを御すのはお客様ご自身です」という意味が込められているためである。

エルメスの歴史

エルメス社の母体になったのは、ティエリー・エルメス(Thierry Hermès, 1801年 - 1878年)が1837年にパリに開いた馬具工房である。ナポレオン3世やロシア皇帝などを顧客として発展した。ティエリーの孫にあたる3代目のエミール=モーリス(モリス)・エルメス(Émile-Maurice Hermès, 1871年 - 1951年)は事業の多角化に着手した。1892年には、馬具製作の技術を基にエルメス最初のバッグ、サック・オータクロア(オタクロワ)(sac haut-à-courroie, 現在の名前はオータクロアまたはオタクロワ))を製作。1927年に腕時計を発表。さらに服飾品・装身具・香水などの分野にも手を広げ、それらの製品のデザイン、製造、販売をすべて手がける会社になった。1980年代から1990年代にかけエルメス社はシャツや帽子を発注していた会社を次々と買収したが、リシュモン系列(カルティエ・クロエなど)やLVMHグループ(ルイ・ヴィトン・フェンディなど)の買収戦略と異なり、職人技の維持を第一目標にしてのものであり、そのため買収対象は比較的小規模の会社にとどまっている。エルメスと資本関係のあるブランドには、食器のサンルイ、ピュイフォルカ、英国靴のジョン・ロブなどがある。エルメス社が1997年に初めて作った社史は漫画形式で、日本の漫画家竹宮惠子に依頼して制作された。日本では『エルメスの道 LE CHEMIN D'HERMÈS』として中央公論社より刊行されている。2004年マルタン・マルジェラの後継として、ジャン=ポール・ゴルチエがデザイナーに就任。2004年のパリ・コレクションではエルメスの伝統である馬具・皮革製品を意識し、伝統に配慮しつつ、オレンジ・黒を中心とした鋭角的でかつブランドの風格を意識したデザインを発表した。クリストフ・ルメールに代わり、2015-16秋冬コレクションより、ナデージュ・ヴァネ=シビュルスキーがアーティスティックディレクターを務めている。

日本におけるエルメス

1960年代初めより日本に於ける元祖セレクトショップである銀座のサン・モトヤマが輸入販売を行っていたが、日本初の直営店は、1978年に東京・丸の内に開店したブティックである。エルメスの日本法人であるエルメスジャポン株式会社は1983年にエルメス・インターナショナルと西武百貨店との合弁で設立されたが、後にエルメス・アンテルナショナルの完全子会社となった。現在では西武系に限らず、大手百貨店の主要店には比較的多く出店している。2001年6月28日には、日本での旗艦店「メゾンエルメス」(en:Maison Hermès) を東京・銀座の晴海通り沿いにオープンしている。外壁に450mm角のガラスブロック13,000枚を張りめぐらした11階建てのビルで、レンゾ・ピアノの設計による。ブティックのほか、製品の修理工房、ギャラリー、パリ以外では初となるエルメス社常設ミュージアム、そしてエルメスジャポンの本社が入居する。広告などのメディア関連事業はパブリシス・電通と契約して行っている。純広告のビジュアルには「Publicis EtNous」と記載されている。


posted by バッグはエルメスを選びたい管理人 at 19:55| 日記

2016年01月15日

エルメス☆ケリー35  美品〜程度良好人気色!

エルメス☆ケリー35  美品〜程度良好人気色!

エルメス☆ケリー35  美品〜程度良好人気色!
掲載時の入札価格は、100,000円。
入札数は、11件です。

2016年01月19日 21時50分が終了予定ですが
即決などもあるかもしれません。

>> エルメス☆ケリー35  美品〜程度良好人気色!の最新情報はクリックしてご確認をお願いします。

エルメス ケリー35のバッグです。
カラー:ブラック何にでも合わせやすい色で一番人気です☆同ブランド同シリーズの中でも高級感あふれるカラーです。
刻印:□C(製造年よりもどれだけ大切に扱われてきたか?だと思います。こちらの商品はオークションなどでは比較的新しい製造年です。状態は良いです。)
*尚、当方の評価をご参照される方にご注意!同じ製造年の同じタイプのバッグを探していた友人に依頼され落札しておりますが、こちらの商品とは別のものになりますので、宜しくお願い申し上げます。以前に「何月何日に落札されたものと同一ですか?」などのご質問を受けたことがありますので・・・。(こちらの商品のほうが美品です。)
付属品:クロシェット、カデナ、鍵2本、保存袋 
素材:ボックスカーフ(艶があって高級感があります。ケリーバッグの定番の素材です。バーキンなどは他の素材がよいですが、やっぱりケリーはボックスカーフが一番しっくりくると存じます。)
参考上代:現行の価格はエルメス直営店でお問い合わせ下さいませ。
即決価格はコンディションレベルやその他現在の市場価格などを鑑みて設定致しました。ご参考までに・・・。
サイズ 縦 : 約 25 cm 横 : 約 35 cm
マチ : 約 13 cm 
同シリーズのバッグの中でも一番人気のサイズです。
私的な意見で恐縮ですが、外縫いよりも内縫いのほうがお洒落だと思います。

【入札数】11


>>詳しい情報はこちら(エルメス☆ケリー35  美品〜程度良好人気色!)

エルメスについて

ウィキペディアより https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%82%B9

エルメスの概要

エルメス (Hermès) は、フランスのエルメス・アンテルナショナル社 (Hermès International, S.A.) が展開するファッションブランド、商標である。エルメス社は馬具工房として創業したが、自動車の発展による馬車の衰退を予見し、鞄や財布などの皮革製品に事業の軸足を移して成功した。現在でも馬具工房に由来するデュックとタイガーがロゴに描かれている。デュックは四輪馬車で、タイガーは従者のこと。主人が描かれていないのは「エルメスは最高の品質の馬車を用意しますが、それを御すのはお客様ご自身です」という意味が込められているためである。

エルメスの歴史

エルメス社の母体になったのは、ティエリー・エルメス(Thierry Hermès, 1801年 - 1878年)が1837年にパリに開いた馬具工房である。ナポレオン3世やロシア皇帝などを顧客として発展した。ティエリーの孫にあたる3代目のエミール=モーリス(モリス)・エルメス(Émile-Maurice Hermès, 1871年 - 1951年)は事業の多角化に着手した。1892年には、馬具製作の技術を基にエルメス最初のバッグ、サック・オータクロア(オタクロワ)(sac haut-à-courroie, 現在の名前はオータクロアまたはオタクロワ))を製作。1927年に腕時計を発表。さらに服飾品・装身具・香水などの分野にも手を広げ、それらの製品のデザイン、製造、販売をすべて手がける会社になった。1980年代から1990年代にかけエルメス社はシャツや帽子を発注していた会社を次々と買収したが、リシュモン系列(カルティエ・クロエなど)やLVMHグループ(ルイ・ヴィトン・フェンディなど)の買収戦略と異なり、職人技の維持を第一目標にしてのものであり、そのため買収対象は比較的小規模の会社にとどまっている。エルメスと資本関係のあるブランドには、食器のサンルイ、ピュイフォルカ、英国靴のジョン・ロブなどがある。エルメス社が1997年に初めて作った社史は漫画形式で、日本の漫画家竹宮惠子に依頼して制作された。日本では『エルメスの道 LE CHEMIN D'HERMÈS』として中央公論社より刊行されている。2004年マルタン・マルジェラの後継として、ジャン=ポール・ゴルチエがデザイナーに就任。2004年のパリ・コレクションではエルメスの伝統である馬具・皮革製品を意識し、伝統に配慮しつつ、オレンジ・黒を中心とした鋭角的でかつブランドの風格を意識したデザインを発表した。クリストフ・ルメールに代わり、2015-16秋冬コレクションより、ナデージュ・ヴァネ=シビュルスキーがアーティスティックディレクターを務めている。

日本におけるエルメス

1960年代初めより日本に於ける元祖セレクトショップである銀座のサン・モトヤマが輸入販売を行っていたが、日本初の直営店は、1978年に東京・丸の内に開店したブティックである。エルメスの日本法人であるエルメスジャポン株式会社は1983年にエルメス・インターナショナルと西武百貨店との合弁で設立されたが、後にエルメス・アンテルナショナルの完全子会社となった。現在では西武系に限らず、大手百貨店の主要店には比較的多く出店している。2001年6月28日には、日本での旗艦店「メゾンエルメス」(en:Maison Hermès) を東京・銀座の晴海通り沿いにオープンしている。外壁に450mm角のガラスブロック13,000枚を張りめぐらした11階建てのビルで、レンゾ・ピアノの設計による。ブティックのほか、製品の修理工房、ギャラリー、パリ以外では初となるエルメス社常設ミュージアム、そしてエルメスジャポンの本社が入居する。広告などのメディア関連事業はパブリシス・電通と契約して行っている。純広告のビジュアルには「Publicis EtNous」と記載されている。


posted by バッグはエルメスを選びたい管理人 at 22:22| 日記